バレンシア 珍道中!

皆さんこんにちは!

GWいかがお過ごしでしょうか👂🏼?

今回は珍しく旅ブログといいますか、先週のバレンシアひとり旅がかなりの珍道中だったので、その旅の模様を書きたいと思います🛩

 

まず、出発は成田空港からモスクワを経由してスペイン マドリードへ。これがいつものルート。

荷物検査に向かう途中に、なにやらドラマの撮影をしていたようで、賀来賢人と夏帆を見れちゃってテンションアップ👀

でも写真はあんまり撮れる雰囲気じゃなかったです(笑)

(あとで調べたらアフロ田中でした笑)

 

それはさておき、普段なら昼に成田を出発して、約18~9時間後その日の夜中にマドリードへ到着するのですが(時差が7時間程あるので)、時期はゴールデンウィーク突入直前ということもあってか、一ヶ月ほど前の時点からいい時間帯のチケットが残っておらず、しかもかなり高い😩

仕方なく取ったのがモスクワで14時間半のトランジット付きのチケット。

 

10時間のフライトを終え、モスクワに到着したものの、まさかの半日以上を空港で過ごす羽目に😱

流石にベンチで過ごすにはハード過ぎるし、極力疲れは溜めたくなかったので、空港内を散策したのち、カプセル型のホテルで数時間仮眠を取る事に。

(写真はボヤけて分かりずらいですがこんな感じです)

翌朝早朝のフライトでマドリードへ旅立ちました。

そしてマドリードへ到着するや否やすぐにチームと合流し、サーキットへ💨

搬入を終えホテルに到着したら即刻バタンキューでした😴🛏

なかなかハードなマドリードまでの道のりでしたが、レースウィークが始まってしまえばなんのその。

時差ボケなんて全然気にならなかったです!

無事にレースを終え、今度は帰りのフライト。

時間どうりに空港へ行き、まずはマドリードからモスクワ、そして成田へ。

帰りはいつもと変わらず通常運行で帰れるものと思っていました。

しかし!

モスクワに到着し時間を見ると、「あれっ、次の成田行きのフライトまであと30分ちょっとしかない…。」

まじかー❗

かなり焦りましたが焦る気持ちを抑えて、飛行機から送迎バスへ。

そしてバスからホールショットで空港内へ(笑)

転倒には細心の注意を払い、猛ダッシュでチェックインカウンターへ向かいました。

が、、、

「もう搭乗時間は終わりました。」

………。

残ったのは大量の汗と絶望感でした(笑)

「そういえばなんか到着前の下降中、飛行機が左右にグルグル回ってたなー。なんか時間調整でもしてたのかなぁー。」

とか思いながら、仕方ないからターミナルデスク?インフォメーションデスク?みたいな所行ってチケットを変えてもらえないか聞くことに。

地獄の始まりはここからでした(笑)

そこに着くと自分と同じように困っている人がめちゃくちゃ大勢。

一応ちゃんと並んでるように見えたので並んで待っていましたが、大声で怒鳴り始める人や泣き始める人も沢山いるし、次から次へと来る人みんな順番を守らないで横から入ってくるので、これは待っててもダメだなと思い、身を乗り出して「チケット変えてください」って訴え続けること約2時間。

やっと番が回ってきて変えてもらったのですが、成田への便ではなく、ソウルのインチョン空港までのチケットでした。

「そこで乗り換えて成田へ行った方が早い」と言われたので、その通りに行く事に。

それからは、さらに2時間ほど空港で待機し、インチョン空港へ向けて出発。

8時間ほどで到着し、今度は別の航空会社からの便に乗らなくてはならないので、まずはカウンターを探しチケットを貰う為に空港内を行ったり来たり。

色んな人に場所を聞いてはみんな違う場所に案内するので結局は自分の感を頼りにするしかなく…。

その後やっとの思いでチケットを発行してもらい、そこからまた4時間程待機。

合間に食べたタコビビンバ丼が予想をはるかに上回る辛さで、一口目から「やばい…」でした(笑)

メニューの写真はこんなに赤くなかったんだけどなぁ🐙

そして予定より半日遅れて、なんとか無事日本に帰る事が出来ました。

不安だった装備品などの荷物は、案の定成田に届いておらず、、、まだ確認が取れてないと言われました。(昨日連絡があり数日後自宅に送ってもらえるとの事です)

と、まぁ旅の初心者の自分とってはかなりハラハラドキドキな大冒険になりましたが、旅にトラブルは付き物ですよね(笑)

なにはともあれ無事に帰って来れて良かった!

次はどんな旅が待ち受けているのか!

乞うご期待。(笑)

p.s. 新時代が幕開けになりましたね!令和元年も宜しくお願いいたします🙇‍♂️

Twitter : @takeshi_0722
Facebookページ : @takeshiweb
Instagram : takeshi_0722
オフィシャルショップ:https://takeshi722.official.ec/



URL :
TRACKBACK URL :